歯がない人ほど肺炎に?!

0

    JUGEMテーマ:歯の健康


    抜けてしまった歯が多い人ほど、肺炎で亡くなる危険性が高いことが、
    名古屋大学や京都大学の研究グループの調査でわかりました。


    名古屋大学大学院医学系研究博士課程の須磨紫乃さん(予防医学)らは、
    全国の歯科医師会の会員約2万人を対象に、歯の状態や健康状態について回答してもらい、
    その後亡くなった人について死因を調べた結果を分析。
    肺炎による死亡率と、抜けた歯の本数との関係を調べました。


    〜抜けた歯が4本までの人との危険性の比較は〜
    5〜14本抜けていた人との比較1.74倍
    15〜27本抜けていた人とは2.37倍
    28本すべてが抜けていた人の危険性は2.77倍 あったそうです。


    肺炎 表

    歯が少ない人は、歯周病で歯が無くなった人が多く、その原因の細菌が気管を通じて肺に入って肺炎を起こしやすくなります。(誤嚥性肺炎)
    また、食べ物がよく噛めないために栄養状態が悪くなり、細菌への抵抗力も低くなります。


    須磨さんは「年をとると歯が無くなるのは当たり前と思われがちだが、きちんとケアすればある程度は防げる。歯の健康は身体全体にも影響するので、口の中を清潔にして欲しい」と話しています。
    この成果は仙台市で開かれてた日本疫学会で報告されました。


    歯医者が常々言っている事が、この様な形で証明されて感謝です。


    肺炎 図


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Time

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM