妊娠時の口との関係

0

    JUGEMテーマ:歯科

     

    妊娠すると赤ちゃんに栄養を取られて歯や歯肉が悪くなる、なんてと言いますが、これはホルモンバランスの崩れに依るものなのです。

     

    「つわり」によりブラッシングが難しくなる食事もいっぺんに食べられず回数が増える、それに応じた口腔ケア不足になる、などが大きく影響します。

     

    とっても眠くなる方も多い様で、細かく食べてすぐ寝てしまう場合も歯の掃除不足になります。

     

    その結果エプーリスの発生歯肉炎むし歯の進行などが起こってしまうのです。

     

    また重度の歯周病になると、血中に歯周病菌が侵入するリスクが高くなり、子宮内の炎症から胎児の発育不良による低体重児出産に、また 炎症性のサイトカインが上がることで、子宮収縮の誘発が早産にも関わってきます。

     

     

    歯周病にかかった妊婦さんに低体重児出産が起きるリスクは健常者の4.3倍程度と言われています!

     

     

    出産後の歯科治療 も可能ですが、赤ちゃんを預けることが難しい場合や時間的にも余裕がありません。安定期などの検診をお奨めします。

     

     

    それでは、もし治療が必要になった場合はどうしましょう?

    哺乳瓶

     

    (詳しくは次ページ!)

     

     

     

     

    治療の判断にはエックス線写真撮影が必要ですが、撮影するときに防護用エプロンを着用しますので、腹部は十分に遮蔽できています。

    デジタルエックス線装置であれば、線量は従来の10分の 1になります。

     

    歯科麻酔はおなかの赤ちゃんに 影響は無いですか?」という質問が多くあります。

    通常の歯科 麻酔の使用量は1.0 ~ 1.8mlぐらいと少なく、局所分解されます。

     その量ですから、そこに添加されている血管収縮剤が胎児を低 酸素化するとは考えられません。

    逆に痛みを我慢しての治療は、 決して良い結果になりません。

    しかし以前に、歯科麻酔ですごく具合が悪くなった、気持ちが悪くなったなどの場合は事前に申し出て下さい。

    不安が大きければ出産後に治療されるのも一案です。

    また、薬物の服用についてですが、時期や状態によりなるべく副作用の出難いものを選ぶ事も出来ます。

     

    むし歯菌の伝播につきましても、親のむし歯の罹患状態の関係が報告されてい ます。むし歯菌は、身近な家族(主に母親)から水平感染する ものとされています。

     

    慌てずに済む様に日頃のケアが大事になってきますね。


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2012/07/25 7:24 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2012/07/25 10:24 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    Time

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM