アンチエイジング

0

    JUGEMテーマ:歯科

     「年齢」と言う字に歯の文字が入っているのは、まさに歯のあるなしが老いに関係していくからでしょう。

     

    お年寄りの特徴的な顔貌は、歯が無くなった口元のシワに表されてします。

     

    まずはしっかりと咬める歯、整った歯並び、それ等を支える骨、カバーとなる健康な歯肉が基本となるなずです。

     

    しっかり咬める美味しく食べられる喜びは、生きる活力にもなります!

     

    きれいな歯、美しい歯並び、強い臼歯でしっかり咬めて自信を持って生きていけるのが本当の「審美」と考えます。

     

    それはアンチエイジング(抗加齢)につながっていく事だと思います。

     

    (アンチエイジングについて、更に詳しくは次ページ)

     

    アンチエイジング 画像

     

     

    日本人の寿命が伸びて行く現在、医療費の高騰も問題となっています。

     

    厚生労働省は、2009年9月2日、平成19年度(2007年度)に医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が前年度比3%増の34兆1360億円と過去最高になったと発表しました。

     

    国民医療費の増加は留まることを知らず、年1兆円の規模で拡大しています。

     

    すなわち、病気になってから治していたのでは、費用もかかり過ぎ、このままでは健康保険制度は破錠することが確実なのです。

     

    いわゆる高齢者と呼ばれる層の定義そのものが改定され、健康な人の層が厚くなれば、社会の第一線で活躍する人が増えます。このことを支えるのが「アンチエイジング医学」です。

     

    そして今、自分自身の老化と寿命に対して予防・ケアをすることに、社会からのニーズが高まっています。

     

    アンチエイジング医学は、”加齢”に焦点をあてた予防医学なのです。

     

    抗加齢医学(アンチエイジング医学)においては、これまでの医学と異なって、

     

    個々の病気や臓器単位の病的変化を回復させるためにぞれぞれ個別の治療手段を講じるのみではなく、

     

    縦割りの隔壁を取り除き、個々人を身体と精神の織りなす一体のものとして

     

    全体論的(ホリスティック:holisthic)に対策を考えていくということが重要となります。

     

     

    アンチエイジング図

     

    日本抗加齢医学会より)

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    Time

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM