夏季休暇のお知らせ

0

    JUGEMテーマ:歯科

     

    8月11(日)から15(木)まで、夏季休暇とさせていただきます。

    なお、10(土)は16:00までの診療、

    16(金)は11:30からの診療となります。

     

     


    GC友の会学術講演会

    0

      JUGEMテーマ:歯科

       

      2019.6.30(日)東京国際フォーラム ホールB

      GC友の会 学術講演会

      骨再生治療の過去、現在、未来を語る

      〜骨補填材「サイトランスグラニュール」の臨床評価とその実力〜

       

      株式会社GCから出ている骨補填材「サイトランスグラニュール」の講演会です。

      世界初の「炭酸アパタイト」を主成分とする、国内初のインプラント適応が認められた材料です。

      もちろん当院でも使用しています。

      開発に携わった徳島大学の宮本洋二先生をコーディネーターに迎え、全国著名な先生方のお話しを聞く事が出来ました。

       

      サイトランスグラニュール


      5月 連休のお知らせ

      0

        JUGEMテーマ:歯科

         

        連休中の診療日のお知らせです。

         

        4/

         28(日) 休診

         29(月) 休診

         30(火) 休診

        5/

          1(水) 診療

          2(木) 診療

          3(金) 休診

          4(土) 休診

          5(日) 休診

          6(月) 休診

         

        5/7(火)から通常診療となります。

         

         


        日本口腔インプラントセンター学会研修会

        0

          JUGEMテーマ:歯科

           

          2019.04.17

          鶴見大学歯学部附属病院インプラントセンター

          日本口腔インプラント学会研修会

          「継続的なインプラント臨床と学会専門医制度について」

           

          医療法人泰峰会 ヤナセ歯科医院院長

          神奈川歯科大学客員教授

          聖マリアンナ医科大学医学部非常勤講師

          柳瀬 武史 先生

           

           

           

          今日、インプラント治療は黎明期を終え、素材や術式の進歩により治療自体がスタンダードになりつつあります。

          しかしながらその分症例数が増え、トラブルも散見されます。私達臨床医が継続的なインプラント治療を行い、そのメインテナンス、リカバリーを行うことは超高齢者社会を迎えている現在、債務と義務と考えます。

          そのため臨床医がインプラントについて生涯研修を行うのは大切なことであり、その環境にインプラント学会の教育研修を利用するのは最適と思えます。より高度なスキルと専門性を身につける自己研鑚の目標となるキャリアパスとして学会資格があるのでしょう。

          目的意識を持ち、更に勉強していきたいと思います。

          柳瀬先生のお言葉から考えてみました。

           


          インプラテックス インプラントサミット2019

          0

            JUGEMテーマ:歯科

             

            3月24日(日)10:00〜18:00

            有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11階)

            インプラテックス インプラントサミット2019

             

            広岡秀明先生:インプラント周囲炎とは?

            Prof.Stefan Renvert :Treatment of peri-implantitis

            古賀剛人先生:Peri-implantitis予防・対処を意識した植立手術と治療計画

            越智守生先生:外科・補綴プロトコルを変えないインプラント選択のメリット

            椎貝達夫先生:脆弱な骨に対するシステマチックな対応法

            三好敬三先生:ピエゾサージェリー及びK2キットを活用した低侵襲なインプラント治療

             

            またまたインプラント周囲炎がテーマです。

            それだけ今、問題になっていると言うことです。

            今回の講演では、インプラント周囲炎の治療に用いられる外科的処置や、抗菌剤等の非外科的な処置の臨床研究結果と症例を示して頂きました。

             


            日本口腔インプラントセンター学会研修会

            0

              JUGEMテーマ:歯科

               

              2019.03.20

              鶴見大学歯学部附属病院インプラントセンター

              日本口腔インプラント学会研修会

              「インプラント周囲炎への対応

                 〜インプラントのメインテナンス、インプラント周囲炎の治療法〜」

              東京歯科大学口腔インプラント学講座 伊東太一先生

               

              前回に続き、インプラント治療のトラブルへの対応です。

              歯周病の既往やプラークコントロールの不良がインプラント周囲炎の発症・進行に関連している事は、数多くの研究報告より明らかになっています。

              せっかくの治療を長続きさせる為に、定期検査に来て頂き、状態のチェックをさせてください。

               


              | 1/8PAGES | >>